乳がん告知はスタートライン

切ってしまえば終わりだと軽く考えていた乳がん。乳がん告知はスタートラインにたったにすぎない。その後再発、再々発。ただいまホルモン療法継続中。治療のこと、お金のこと、気の持ち方で大きく変われることなど、私なりに体験したことを書いていくブログです。

乳がんの告知の直後に思ったことは? 「死ねる切符が手に入った」だった

もともと深く考えないタイプである。 乳がん告知をされても、「えっ?」とか「死ぬの?」などは思わなかった。 入院が決まったらまず交付手続きを 治療費をどうするか 限度額適用認定証とは? 入院費はクリア 仕事はどうする? 「乳がん」と言ってしまうと………

3回の乳がん手術 入院時おすすめのパジャマは? 「ゆかた」はいけません

何度か入院をすると、パジャマ選びも上手になる。 私の入院した病院は、当時(7年前)は術後には「ゆかた」を指定された。 「ゆかた」ならば、先生や看護師さんが前をさっと開くことができるからである。 私は「ゆかた」を準備して入院した。 ところが、この…

乳がん検診は大事です。 あの時行っていれば 再々発までは・・・

仕事をお願いしている在宅ワーカーまりちゃんが、 「今日は仕事を休ませてください。乳がん検診に行くので」と言った。(まりちゃんは30代) 「若いのにえらいね。休んでいいよ」と私は言った。 在宅ワーカーまりちゃんは、 「うちはがん家系だから」と言っ…