乳がん告知はスタートライン

切ってしまえば終わりだと軽く考えていた乳がん。乳がん告知はスタートラインにたったにすぎない。その後再発、再々発。ただいまホルモン療法継続中。治療のこと、お金のこと、気の持ち方で大きく変われることなど、私なりに体験したことを書いていくブログです。

1年8カ月で奇跡的に転移が見つかる。左腋リンパ節郭清術で2週間の入院

1回目は左・右乳がん温存術のため1週間の入院をした。その後、放射線治療を受け、ホルモン療法を続けていた。傷痕はだいぶ癒えてきたものの、毎日1粒飲むホルモン剤で、手足の指先がしびれる。第一関節から先、指10本のしびれのために、私の自慢であった…

1回目の乳がん手術に掛ったお金は18万  ビギナーズラックだったのか?

正直言えば、1回目で終わると思っていた。まさか、2回目、3回目が待っているとは思わなかった。 メンタル的には落ち込むことなく「明るい乳がん患者」でいられるのだが、やはり弱小個人事業主にズドーンと圧し掛かってくるのは、治療費である。 いままで…

乳がんの告知の直後に思ったことは? 「死ねる切符が手に入った」だった

もともと深く考えないタイプである。 乳がん告知をされても、「えっ?」とか「死ぬの?」などは思わなかった。 入院が決まったらまず交付手続きを 治療費をどうするか 限度額適用認定証とは? 入院費はクリア 仕事はどうする? 「乳がん」と言ってしまうと………

3回の乳がん手術 入院時おすすめのパジャマは? 「ゆかた」はいけません

何度か入院をすると、パジャマ選びも上手になる。 私の入院した病院は、当時(7年前)は術後には「ゆかた」を指定された。 「ゆかた」ならば、先生や看護師さんが前をさっと開くことができるからである。 私は「ゆかた」を準備して入院した。 ところが、この…

乳がん検診は大事です。 あの時行っていれば 再々発までは・・・

仕事仲間の在宅ワーカーまりちゃんが、 「今日は仕事を休ませてください。乳がん検診に行くので」と言った。 (当時まりちゃんは30代) 「若いのにえらいね」と私は言った。 在宅ワーカーまりちゃんは、 「うちはがん家系だから」と言った。 「私の家系にが…

思い立ったが吉日 本日ブログデビュー

私、63歳、名前ははぴねす。 乳がん部分切除、抗がん剤治療、放射線治療が終わってちょうど1年半が過ぎた。 いまのところ乳がんは局所再発のみで、56歳から3回も手術している。 いまだに、指先のしびれや爪の変形など、後遺症もいろいろ。 加えて、間違い…