乳がん告知はスタートライン

切ってしまえば終わりだと軽く考えていた乳がん。乳がん告知はスタートラインにたったにすぎない。その後再発、再々発。ただいまホルモン療法継続中。治療のこと、お金のこと、気の持ち方で大きく変われることなど、私なりに体験したことを書いていくブログです。

乳がん検診は大事です。 あの時行っていれば 再々発までは・・・

仕事仲間の在宅ワーカーまりちゃんが、

 「今日は仕事を休ませてください。乳がん検診に行くので」と言った。

(当時まりちゃんは30代)

 「若いのにえらいね」と私は言った。

在宅ワーカーまりちゃんは、

 「うちはがん家系だから」と言った。

 「私の家系にがんはいない」は通らない2人に1人ががんになる時代

私の家系にがんにかかった者はいなかったし、長生きの家系である。「叔父さんが怪我をして入院した」とか「転んでおばあちゃんが入院した」などはあるが、病気見舞いをした経験は一度もなかった。つまり、「老衰家系」である。

 

我が家は夫婦ともに自営業で、「健康診断」などは自発的にいかない限り、会社からの強制などはない。

加えて、主人の家系も「老衰家系」である。

加えて、夫婦ともに元気であり、病院のお世話にはなっていない。

 

左乳房がチクチク。なにか異変を感じたらやっぱりちゃんと検診を

 50過ぎた頃から、春になると、左乳房がチクチク。

「がんは痛くないよね」と笑いながら放っておいた。

また春が来た。またチクチク。

 

f:id:happiness4970:20190616151511j:plain

在宅ワーカーまりちゃんが「予約なしで、飛び込みで受けることのできる病院がありますよ」と教えてくれた。

「そうよね、もう50過ぎてるし、行ってみようかな」

病院の住所、入り口などまで丁寧に教えてくれた。

 

当時は「15分で予定が変わるはぴねすさん」と言われるくらい、ころころと予定が変わるので、私には「予約と約束」という辞書はなかった。

友達と会う場合でも「いま、暇になった。今日はどう?」というような具合。当然、友達も皆、同じような環境の集団である。

「予約をしてまで検診に」という選択肢は私にはなかった。

 54歳の春。

またまたチクチクし始めた。

ちょうど、仕事がポンと空いたので「いまから検診に行こう」と思ったが、まりちゃんの紹介する病院は土曜日は、休診だった。

 

とりあえず、「今日しかない」と思った私は、近くのレディースクリニックに行った。

「うちにはマンモグラフィーはありませんよ」と言われたが、触診してもらって、どこか紹介してもらえればいいやというつもりで、問診票を書いた。

2時間待ったが、呼ばれる気配がない。さらに、そこのクリニックは午前中で終わりである。

「待てないので」とあやまり、土曜日の午後もやっているレディースクリニックに梯子した。

 

私の頭の中では、

「これは乳がんかもしれません。紹介状を書きますので・・・」と言われることを想定していた。

 

ところが、想定外。

乳腺炎ですね。葛根湯を出しておきましょう」 ガクっと来た。

しかもご丁寧に「葛根湯」のファイルを出してきて、製薬会社を選ばせてくれる。

 

「ツムラかな?」と私は言った。

 

「ついでに、子宮がん検診もしておきましょう」

(ちょっと思った。胸だけじゃお金にならないので、子宮がん検診を追加されてしまったのか? と)

乳がん検診はしたことがない」と伝えていたのに、そこはスルー。

あのしこりを、一発で「乳腺炎」と診断したのだから、まさか間違いではないだろうと信じた。

「葛根湯を出しておきますが、一度設備のある病院へ・・・」とも言われなかったし。

 

何だか拍子抜けした。

息子の嫁に「乳腺炎だって」と話すと

「その年で乳腺炎ですか、授乳もしてないのに」と笑われた。

 

処方してもらった「葛根湯」は飲んだ記憶がない。

 

忙しさにかまけて、それ以上の行動も起こさなかった。

(ここの判断が大きな間違いだと後になって思うのだが)

 

また春が来た。

またチクチクする。

 

また「葛根湯かぁ?」

 

それは、ないない。

いくらなんでも、もう「葛根湯」では済まないだろう。

今度こそマンモグラフィーなどの設備が整ったところに行こう。

 

本当にたまたまではあるが、その病院の前に来たときに、仕事の予定がキャンセルになった。

 

「今だ、今日しかない!」

 

そのまま、設備の整った病院に飛び込んだ。

飛び込みだったので、1時間半は待ったが、先生は、触った瞬間「乳がんです」。

速攻の告知である。

しかも、しこりのない、チクチクもしない右胸にも乳がんが見つかった。

 

 「先生、すぐに切ってください」速攻で返した。

 

 何故ならば、私の仕事は5月は暇なのだから。

「入院するのなら、いまでしょ!」

 

その後、2回の再発をするわけになるのだが、

 

在宅ワーカーまりちゃんが言ってくれたときに、速攻で検診に行っていれば、その後の再発は免れたであろうと思っている。

 見つかった時には、ステージⅡb

 検診はとてもとても大事でございます。

 

f:id:happiness4970:20190616152443j:plain

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 ポチっと押していただけると励みになります。

 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村