乳がん告知はスタートライン

切ってしまえば終わりだと軽く考えていた乳がん。乳がん告知はスタートラインにたったにすぎない。その後再発、再々発。ただいまホルモン療法継続中。治療のこと、お金のこと、気の持ち方で大きく変われることなど、私なりに体験したことを書いていくブログです。

3年9か月後、乳がんの再発、皮膚がん転移。部分切除術の後は抗がん剤+放射線治療。

2014年1月の左腋リンパ節郭清(かくせい)の手術、抗がん剤投与の後は、ホルモン剤と3か月ごとの検診をしながら、何事もなく、3年9か月が過ぎた。

定期検診のために病院に行った。

血液検査の後、エコー検査。左胸に乳がんらしきものを発見。

その場で急きょ、穿刺(せんし)吸引細胞診や針生検をすることになった。長い針をしこりに刺して、それを組織検査に出して乳がんを確定するための検査である。

今回はビリビリで奇跡的にエコー診断中に乳がん発見。

血液検査にも問題はなく、いつもの流れでエコー検査。左胸を左に右に行ったり来たりしながらのいつもの検査。ある部分に来るとビリビリっと電気が走るような気がした。

またそこに来るとビリっ。

先生に「先生、そこビリっと来るんですけれども」。何度もそこを入念に行き来する。

その度に、ビリっと電気が走る。

漏電(?)しているわけでもないし、エコー検査は、乳がんを検知するとビリっとくるようなものでもない。

でも、ビリっとくる。

「ありますね」と先生。

「ビリっとくるのは関係ないですよね」と私。

すぐに穿刺(せんし)吸引細胞診と針生検をした。1週間後の結果は「両側乳がん術後再発」だった。

乳がん部分切除で1週間の入院。術後は抗がん剤+放射線治療

術前の説明では、「術後は放射線治療をしましょう」だった。

「放射線治療なら楽勝!」だと思っていた。

術後3日目。先生が病室に来て、「抗がん剤もやっておきましょう」。

「えっ?」話が違う。

術前にはわからなかったが、手術中に皮膚に小さな赤くなっている部分があり、それも切除したそうだ。(後で結果を見てみると、皮膚がん転移と書いてある)

先生としては、もうこれを最後にしたいらしく、「徹底的に乳がん細胞を叩いておきたい」らしい。

前回、私が抗がん剤治療を受ける前に、友人から「がんでは死なないけど、抗がん剤で死ぬよ」と治療をやめるようにと忠告を受けた。私は抗がん剤を投与する選択をした。
 
前回の抗がん剤治療の時に、いつも同じ時間に抗がん剤を受けにくる人がいた。
毎回、会うたびに体調が悪くなっていくのがわかった。一人で来ていたその人も、最後には、ご主人に付き添われて車いすで来ていた。
抗がん剤の副作用でどんどん衰弱している様子だった。
だから友人の言う「がんでは死なないけれど、抗がん剤で死ぬ」という意味が分かる気はした。

いまなら何とかなる。「抗がん剤+放射線」の治療を受けることを決断する。

今回は「抗がん剤+放射線」のダブルでの治療である。仕事はしなくてはならない。治
療費はどうしよう。
ちょっと考えはしたが、今ならまだ耐えられる(62歳)。仕事もいまならまだあるし、治療費もなんとかなるかも。
 
いま治療をして、再発・転移を少しでも先に延ばすか。それとも抗がん剤を打たなくても、ひょっとして再発しないで済むかも知れないし、1年後に転移するかも知れない。
その時になれば、手術・抗がん剤などはいまよりも体力的にきついだろう。そして仕事ができなくなるかも知れない。
さすがの私もちょっと考えた。
いまなら何とかできる「よし、やろう」と決断した。
 
抗がん剤もやることにした」と家族に報告すると、家族は手術後、すでに先生から聞かされていた。

「赤い悪魔」FEC100療法4クールとDOC補助療法4クールが始まる

f:id:happiness4970:20190616151502j:plain

「赤い悪魔」

 
抗がん剤を受けることを決断したら、予定が組まれた。全部で8クール(回)である。
「えっ?前回は4回だったのに、今度は8回?」
「奇跡よね。乳がんで3度も手術したのに、まだあなたの場合は、胸から外に出ていないのだから。」
普通なら、もう他のところに転移していてもおかしくないということである。
 
1回目が始まった。前回とは違い、今回は始まる前にわりと大きな「吐き気止め」の薬を飲んでから始まる。
何の違和感もなく、点滴を入れる。点滴液が何本かあるのだが、途中から赤色の点滴液に変わる。
 
点滴が終わり、家に帰るとなんだかだるい。
吐き気こそなかったが、だるい、頭がいたい。部屋の明かりやテレビなどの光が目に入ると目が痛い。テレビの音が頭に響く。3日間くらいは、トイレ以外は、ほぼ横になっていた。
 前回とは大違い。
 
3日目くらいからは、味がわからなくなった。不思議と食欲はある。ただ、何をたべても味がわからない。
最初にお好み焼きをデリバリーしてもらった。おいしく食べることができた。焼肉を食べに行った。おいしかった。
あとでわかったことなのだが、お肉がおいしいのではなく、お好み焼きがおいしいのではなく、味の濃いタレやソースでおいしく感じただけだった。

3日目くらいから、舌が真っ白になる。これは2週間目にはきれいに治る。
8回の抗がん剤投与はこのパターンが続いた。

前回同様、14日目で髪の毛はみごとに抜け落ちた。前回は丸くドーナツ状に髪の毛が残り、それを天使の輪と名付けて、楽しんだのだが、今回はみごとに1本残らず抜け落ちた。
 
2週間目に採血があり、白血球の数値が低ければグランという注射をする。1週間後、白血球の数値が規定値まで上がっていれば、次の抗がん剤を投与することができる。
 
「さすがの私も今回はちょっときついです。息子から『母さんも、やっと人並みに抗がん剤の辛さを経験できましたか!と言われましたよ」と言うと、
「この抗がん剤は別名「赤い悪魔」と呼ばれてますからね!」と先生。
患者によっては、あの色を見ただけで吐く人もいるらしい。

f:id:happiness4970:20190703225915j:plain

只今「赤い悪魔」を点滴中
 
ようやく8回の抗がん剤治療が終わった。今回はいろいろな副作用を経験した。
 

 まとめ

抗がん剤といえば、いろいろな副作用が出てくるが、薬により、人により出る副作用はまちまちである。

ただ、乳がんの場合の副作用は「脱毛だけは必須」と言われる。

脱毛とは頭の髪の毛だけではない。毛という毛が、みな抜け落ちるのだ。眉毛もまつ毛も体毛も。

いろいろな副作用に対する薬なども、都度処方してもらうのだが、私は、アロマオイルや、看護師の勧めるサプリなどを利用して、5か月間、8回の抗がん剤を乗り切った。

dōTERRA[ドテラ] ラベンダー [15 ml] dōTERRA[ドテラ] イージーエア 15ml[米国内販売名:ブリース]

 

まだ、放射線治療が残っている。

 
 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ポチっと押していただけると励みになります。

 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村